読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CBDオイル「CANOVY(キャノヴィ)」の効果と通販を紹介

日本製のCBDオイル「CANOVY(キャノヴィ)」の効果、口コミ、危険性、販売店など詳しく書いています。

日本製のCBDオイル「CANOVY」は効果ある?危険性は?違法じゃないの?どこで売ってるの?といった疑問を詳しく書いています。

海外ではかなり認知されてきているCBDオイルですが、日本では大麻=ドラッグというイメージがあるからなのか、あまり知られていないのが現状です。

しかし、その効果は絶大で、てんかんや癌といった難病をはじめ、うつ病、精神不安症といった精神病、はたまた肌荒れやダイエットといった美容にも効果的と言われていて、これが今後、日本でも広まっていくことはまちがいないでしょう。

 

日本製のCBDオイル「CANOVY」ってどうなの?

CBDオイルと言えば海外製のものが主流ですが、唯一、日本国産のCBDオイルがあります。それが「CANOVY(キャノヴィ)」というCBDオイルです。

このCANOVYは、海外製のCBDオイルよりもCBD濃度が高いのが特徴で、濃度が高いということはそれだけ効果が期待できるということです。

 

海外製のCBDオイルで多いのが、CBDが500mg配合と明記されていても、その500mgという量は麻を煮詰めて作るヘンプペーストの量であって、ヘンプペーストの中にはCBDの他に不純物や植物樹脂、重金属、汚泥といったものが含まれています。

ですので、CBD自体の量は、そのヘンプペーストの18%である90mgしか入っていないことがあります。

 

この点、日本国産のCBDオイル「CANOVY」は、純度が99%と高く、CBDが500mg配合と明記されていた場合、そのものがCBDの量になるので、海外製のCBDオイルと比べて何倍も濃度が高いCBDオイルなのです。

 

CBDオイルはまずいと言われるけどどうなの?

海外製のCBDオイルをなめたことがある人の中で、CBDオイルはまずいと感じる人が多いようで、これはCBDオイルの原料となるヘンプペーストの独特の風味や匂いがそう感じさせるのでしょう。

その点、このCANOVYは、ヘンプペーストではなく結晶化させた粉末のCBDを使っているので、すっきりと飲みやすく、オリーブオイルのような味という人もいます。

 

CBDオイルは少量、舌の上でゆっくりとなめるのが効果的なのですが、やはり飲みやすいのがいいでしょう。

 

CBDオイルは危険じゃないの?副作用は?

CBDオイルは大麻の原料である麻を使って製造するので、危険じゃないのかな?副作用はないのかな?など心配される方もいるでしょう。

CBDオイルは薬ではなくサプリメントという扱いですので、危険性や副作用といったことはないです。

 

大麻の危険性や副作用は、大麻に含まれているTHCという成分が、ハイになったり幻覚症状などを引き起こす原因と言われているのですが、CBDオイルは麻の熟成した茎から採取されるので、THC成分は基本的に含まれていません。

ただ、海外製のCBDオイルには、若干のTHC成分が検知されることがあるようで、海外製のCBDオイルに不安を感じる人は、CBD純度が99%のCANOVYを選ぶとよいでしょう。

 

日本製のCBDオイルCANOVYはどこで購入することができる?

CANOVYは楽天やヤフーショッピングといった通販で購入することができますが、CANOVYの公式サイトでも購入することができます。

値段はどこも同じで送料も変わらないのですが、通販サイトには偽物などが出回ることがあるので、公式サイトで購入することをおすすめします。

 

日本製のCBDオイル「CANOVY」の公式サイトをご覧になりたい方は、こちらのホームページからどうぞ。

メイドインジャパンの世界最高純度CBDオイルなら【CBDダイレクト】