CBDオイル「CANOVY(キャノヴィ)」の効果と通販を紹介

日本製のCBDオイル「CANOVY(キャノヴィ)」の効果、口コミ、危険性、販売店など詳しく書いています。

日本製のCBDオイル「CANOVY」は効果ある?危険性は?違法じゃない?といった疑問を詳しく解説

f:id:cbdoil-canovykouka:20170820175856p:plain

海外ではかなり認知されてきているCBDオイル。

CBDオイルの効果は、てんかんや癌といった難病をはじめ、うつ病、精神不安症といった精神病、はたまた肌荒れやダイエットといった美容にも効果的と言われています。

これが今後、日本でも徐々に広まっていくことはまちがいないでしょう。

 

そもそもCBDオイルってなに?違法じゃないの?

ご存知の方もいるかもしれませんが、CBDオイルというのは、大麻草の茎から抽出したCBDという成分をオイルにしたものです。

 

大麻草と聞くと、大麻の原料となるものなので、危険、違法、薬物なんてイメージする人もいるでしょう。

しかし、日本で禁止されているのは、大麻草の葉の部分と花の部分を使った製品なのです。

この葉の部分と花の部分には、THCという成分が含まれていて、これが精神作用や幻覚症状を引き起こすと言われています。

 

CBDオイルは、大麻草の茎の部分だけを使っているので、日本でも合法的に使うことが認められています。

また、THCが含まれていないので、精神作用や幻覚症状もおきません。

だから安心して使用することができます。

 

CBDオイルってどんな症状に効果的?

先ほども言いましたが、CBDオイルはさまざまな病気に効果的と言われています。

以下、CBDオイルの効果が期待される症状の一覧をご覧ください。

こうして見るととても多いですね。

これだけ多くの症状に効果が期待できると言われると、逆にどれも効果がないんじゃないの?と疑わしい気持ちになるのは、私だけではないでしょう。

 

ただ、CBDオイルが、さまざまな症状に対して効果が期待できるのには、根拠があります。

 

そもそも病気ってなんで発症するのか

ここからはちょっと難しい内容になりますが、少々お付き合いいただけると幸いです。

CBDオイルがなぜ、さまざまな病気に効果が期待できるのかを説明する前に、そもそも病気ってなんで発症するのかを説明したいと思います。

 

それは、「カンナビノイド欠乏症」が、根本の原因と言われています。

 

実は、大麻草に含まれているCBDやTHCといった成分は、もともと人間の体の中で自然に作られている、というのをご存知でしょうか?

これだけ大麻は危険だ、なんて言われているのに、その成分が体の中で作られているなんて、信じられないという人もいるでしょう。

 

しかし、これは事実なんです。

それは内因性カンナビノイドと言われていて、「脳内マリファナ」なんて呼ぶ人もいます。

 

健康な人であれば、正常にこの内因性カンナビノイドが生成されるのですが、生活習慣の悪化や強度のストレス、老化などによって、内因性カンナビノイドが作られなくなってしまいます。

これを「カンナビノイド欠乏症」と言うのです。

 

そして、このカンナビノイド欠乏症になってしまうことで、さまざまな病気を発症してしまうというわけです。

 

そこで、内因性カンナビノイドと同じ成分であるCBDオイルの出番です。

CBDオイルは、不足してしまった内因性カンナビノイドを補うように体に作用し、さまざまな症状改善に効果が期待できるわけですね。

 

もちろん100%効果がでる保証はありませんが、これだけ世界的に医療大麻が注目されているのも、この大麻草に含まれている成分に、病気を治す力が秘められているからだと思います。

 

日本製のCBDオイルってどうなの?

f:id:cbdoil-canovykouka:20170610172804p:plain

CBDオイルと言えば海外製のものが主流ですが、唯一、日本製のCBDオイルがあります。

それが「CANOVY(キャノヴィ)」というCBDオイルです。

 

このCANOVYは、海外製のCBDオイルよりもCBD濃度が高いのが特徴です。

海外製のCBDオイルは、CBDの他に不純物や植物樹脂、重金属、汚泥といったものが含まれているものが多いです。

 

その点、日本製のCBDオイルCANOVYは純度が99%と高く、CBD以外に不純物が入っていない高濃度なCBDオイルなんです。

含まれているCBD成分が高濃度であれば、それだけ症状への効果も期待することができます。

  

CANOVYはCBDオイルの相場からして高い?

海外製のCBDオイルと比べると、CANOVYは値段が高いです。

一番、高濃度のCANOVY500に関しては7万円もします。

 

ただ、CANOVY500は、癌やてんかんといった重度の症状に効果的なCBDオイルで、医療グレード(メディカルグレード)のCBDオイルです。

他にもCANOVY400ハイグレード、CANOVY300ベーシック、CANOVY200ライトといったランクがあり、初めてCBDオイルを使うという人は、ベーシックタイプから試してみるとよいでしょう。

 

それでも海外製のCBDオイルよりも値段は高めですが、先ほども紹介したように、

不純物がほとんど入っていない純度99%のCBDオイルであることと、純国産の安全性を考えると、このCANOVYはおすすめです。

 

日本製のCBDオイル「CANOVY」をより詳しく知りたい方は、こちらの公式ページからどうぞ。

メイドインジャパンの世界最高純度CBDオイルなら【CBDダイレクト】